クレディセゾン 過払い請求 対応状況 2019年

クレディセゾンの2019年最新過払い金回収状況(回収率127% 回収期間7.0ヶ月)を掲載。平均回収金額・最高回収額に加え、倒産の可能性・訴訟後の対応も千葉 船橋・柏リバティ法律事務所の弁護士が解説。

クレディセゾンの概要

ブランド名
セゾンカード、UCカード、西武カード、ローソンパス、ローソンカード
関連会社
ユーシーカード、ローソン・シーエス・カード、西武クレジット

みずほフィナンシャルグループとの結びつきの強いクレディセゾン。
クレジットカードの取扱高は国内トップクラスであり、倒産の危険はまずありません。

クレディセゾンに対する過払い金請求の回収率・期間について

最終更新日
平均回収金額
(依頼者1人につき)
616,306円
最高回収額2,662,633円
最低回収額5,770円
※2012年4月以降,86件の記録です。
直近5件のデータ
解決方法和解
平均回収率*127.75%
平均回収期間
(依頼から入金まで)
6.92ヶ月
* 引き直し計算後の過払い元金を100%として計算
依頼から訴訟提起2.2ヶ月(64日)
訴訟提起から和解3.9ヶ月
和解から入金1.0ヶ月

対応状況

取引履歴の開示は遅めで,1.5ヶ月前後かかります。
さらに、UCカードの種類によっては取引履歴がまとまっておらず、1ヶ月につき1枚の履歴で届くことがあります。そうなると10年分で120ページもの履歴を1枚1枚入力することとなり、引き直し計算をする事務員泣かせです。ご自身で取引履歴を取得されるのはとうていオススメできません。

過払い訴訟提起後の対応は、以前は満額を一方的に振り込んでくることや、少額なケースでも判決まで至ることもありましたが、最近では第1回期日前に和解できることが多くなっております。
訴訟提起をすれば,比較的早期回収を図れる貸金業者といえるでしょう。                             
「今後は請求書だけで満額返金いたします」と回答した直後に撤回するなど,会社方針は安定していないようです。

直近の対応状況

入金日解決方法回収期間(月)回収額過払い元金回収率
2019/02/28和解
(期日後)
6.10\569,000\398,457142.80%
2018/12/26判決8.63\188,353\140,024134.51%
2018/09/28和解
(期日後)
6.40\256,000\216,675118.15%
2018/04/27判決11.27\481,100\473,767101.55%
2017/10/20和解
(期日前)
2.20\978,980\690,596141.76%
*法律上の争点あり

セゾンの会社概要

ブランドセゾン(セゾンカード)
企業名株式会社クレディセゾン
URLhttp://www.saisoncard.co.jp/
本社所在地東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・52F
資本金759億29百万円
貸金業者登録番号関東財務局長(7)第00897号
関連UCカード

事業内容は、シュイング事業(クレジットカードの発行、各種サービスの提供)、ファイナンス事業(キャッシング、リボルビング・分割払、カードローン)、アクワイアリング事業(加盟店様への決済ソリューション)、プロセッシング事業(銀行本体発行、FC、自社カード発行のクレジットカード業務の受託)。

ページのTOPへ

問い合わせ

船橋事務所

  • 弁護士法人やがしら
    船橋リバティ法律事務所
  • 〒273‐0011
  • 千葉県船橋市湊町2-1-2
  • Y.M.Aオフィスビル3F
  • 京成線 京成船橋駅より
    徒歩7分
  • JR総武線 船橋駅より
    徒歩9分

アクセス

柏事務所

  • 弁護士法人やがしら
    船橋リバティ法律事務所
  • 〒277-0842
  • 千葉県柏市末広町5-16
  • エスパス柏ビル5階
  • JR常磐線・東武野田線 柏駅
    徒歩3分

アクセス